PMS  PMDD
 
月経前症候群PMSは、生理前になると毎月いらいらしたり、うつっぽくなったり、頭痛や腹痛、胸のはりやむくみなどが生じ、生理が来るとましになるという心身の不調のことです。月経前不快気分障害PMDDは、PMSのなかでもうつの傾向など精神症状が非常に強くでるものとされています。
月経前になると、下腹部のはる感じ、疲労感、腰痛、頭痛、むくみ、乳房のはりなどの身体症状にくわえて、気分の変動、怒りっぽくなる、うつになるなど精神症状を伴うとされています。月経がはじまると、3日程度でおさまってくる、また、ほぼ毎回の生理周期で生じるのが特徴的です。
 
保険適用にて、治療薬の処方をおこなっています。
子宮や卵巣をみる超音波検査は、内診が抵抗ある方はお腹の上から行いますので、とくに子宮がん検診などの希望がなければ、通常は内診はありません。
 
月経前、黄体期にむくみを取る薬を内服することが非常に有効な場合があります。
体内留貯水分の排泄や神経系の抑制作用により症状が緩解されると報告されています。
黄体期のみ内服で、ずっと内服するわけではありません。
 
その他に、漢方薬(当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散など)
生理痛のきつい方には、ピル(ヤーズ、ヤーズフレックスなど)
などの処方を行っていきます。
 
ピルとむくみを取る薬の併用は、血栓症のリスクから、できません。
 
当院は、婦人科からアプローチした薬剤処方による治療を中心にしています。
カウンセリングは心療内科等を受診ください。
すでに他院でピルを処方されている状態でのPMSの相談やうつの薬の追加処方は心療内科の受診をお願いします。ヤーズやヤーズフレックスに変更したいといった場合は、ピル外来のサイトをご覧の上で受診ください。
 
初診の方は、WEB問診票にご回答お願いします。
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,980円税込を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)