陰部のかゆみ
 
時間がなくて、恥ずかしくて、なかなか受診されず重症になってから来院される方が多いです。
アトピー性皮膚炎や慢性外陰部皮膚炎のかゆみの場合もあります。
自己判断で薬を使用せず、なるべく早く受診して下さい。
 
カンジダ膣炎の膣錠は、1回で約1週間効く600ミリグラムの膣錠と、毎日入れるタイプの100ミリグラムの膣錠があります。600ミリグラムの膣錠は溶けるのに数日かかります。諸般の事情で、溶けるのに数日かかるのが困る場合は100ミリグラムの膣錠をリクエストしてください。尚、一度に出せる保険診療での処方量は600ミリグラムが一錠まで(膣洗浄の際に膣錠を入れた場合はそれで終了)、100ミリグラムは6錠までとなります。
 
平成27年度にフルコナゾール(ジフルカン)カプセル内服薬が、なかなか治らないカンジダ膣外陰炎に対して厚労省の保険治療薬の認可をとりました。これは、1回飲むだけで、非常によく効きます。この内服薬は、培養検査などでカンジダが検出され、かつ難治性である場合に使います。保険診療では、この内服薬はかなりきつめの薬であり、月に一回しか処方できません。この内服薬を処方した月は、通常よく用いる抗真菌薬である塗り薬や膣錠は保険では処方できませんので、ご留意下さい。効果不十分で、この内服薬を再度処方する場合は、翌月に検査したうえでの処方になり、その再処方した月も保険診療では通常よく用いる抗真菌薬である塗り薬や膣錠は処方できません。
 
フルコナゾール内服薬は、ハルシオン(トリアゾラム)、エルゴタミン、キニジン、ジメンシー配合錠(抗C型肝炎ウイルス薬)との併用はできないのでご注意願います。
また、ロサルタン、フルバスタチン、アルトバスタチン、シンバスタチンとの併用は薬剤血中濃度の上昇の可能性があり、併用に注意が必要です。
 
受診の際に、もし、希望があれば、600ミリグラムの膣錠、100ミリグラムの膣錠、内服薬のどれが希望か、担当医にお伝えください。
 
カンジダの予防するにはどうしたらいいのか?とよくきかれます。
残念ながら、カンジダの治療薬はありますが、ズバリ予防の医薬品というものはなかなかなく、当院では予防薬の取り扱いはありません。早めに治療して、免疫力アップを心がけてください。
 
なお、漢方薬は、疲れやすい、冷え性、便秘、生理不順など身体症状に合わせて、厚労省承認薬は、当院で保険適用処方できます。整腸剤は、下痢、胃腸炎などに、保険適用されます。ビタミンB6は、ニキビの場合は保険処方できますが、ビタミンCはすべて自費扱いになります(ビタミンCは内服、美容注射があります)。
 
ちはるクリニックのスペシャルなアミノ酸泡石鹸(ちはるソープ)は、希望の場合は、受付で販売しています。欠品の際は、取り寄せに数日から1週間要します。これは、もちろん保険外です。
 
 
陰部の気になるにおい
 
においの原因は腟内の細菌の乱れ、性病などの場合があります。
細菌性腟炎、トリコモナス膣炎、淋病クラミジアなどはできる限り保険診療で対応しています。
トリコモナスは、通常は膣洗浄と膣錠をよく用います。希望であれば、内服薬での対応も可能です。受診してご相談ください。
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,980円税込を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)