オンライン緊急避妊ピル

 
緊急避妊薬は、本来は対面診療での処方が望ましいです。
緊急ピルは、避妊を失敗してから72時間以内に内服しなくてはいけません。
内服が早ければ早いほど、避妊効果が高いです。
様々なやむを得ない事情により、対面診療では緊急避妊薬を72時間以内に内服することが間に合わないという場合があります。
地理的要因や新型肺炎の感染状況、女性の心理的な状態にかんがみて対面診療が困難な場合において、スマホ診療(オンライン診療)にて診察し、緊急ピルの院外処方することを行います。
スマホ診療にて診察し、緊急ピルの処方箋をご指定の薬局にFAXします。
薬局に行き、薬局で緊急避妊剤を受け取り、内服する方法になります。
処方できるものは、ノルレボ錠1.5mg又はレボノルゲストレル錠1.5mgF(ノルレボのジェネリック)になります。
どちらも厚労省承認薬です。どちらになるかは、薬局の在庫によりますので、あらかじめ指定はできません。
1錠のみの処方となります。
クレジットカード、保険証をスマホ診療の申し込み時にご登録ください。保険証が手元になければ、自費診療ですので、運転免許証、学生証等の身分証の登録でも構いません。
内服される女性ご自身が、スマホ診療を受け、ご自身が薬局に行く必要があります。薬局でも身分証を提示ください。代理人の方には処方できません。
オンライン診療はクレジットカード決済となります。
 
 
 オンライン診療の手順
(1)当院の緊急避妊ピルのサイトをお読みください。
 
(2)院外処方希望の方は、(オンライン診療後にクリニックに緊急避妊ピルを取りにこられる場合は、とばして(3)に進んでください。)
の一覧のPDFもしくはEXCELから薬局を選びます。
薬局に電話して、医療機関でオンライン診療を行い、緊急避妊薬をFAXにて処方箋を送り、それを薬局で調剤可能かどうか確認してください。処方箋原本は、クリニックから後日郵送するとお伝えください。
リストに載っていても、現在対応できなくなっている場合もあります。
また、かかりつけの薬局があれば、リストに載っていなくても、コロナ特別対応にて対応可能な場合もあるので、問い合わせてみてください。
大阪市内での、夜間、土日祝でも対応可能な薬局が、当院ではいくつか確認できています。
薬局が決まれば、薬局名、薬局の郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、営業時間を薬局に電話で確認し、メモっておいてください。
 
(3)WEB問診票にご回答ください。
 
上記をクリックして、ガイドにそって申し込みください。
今日はどうされましたか?という質問が来ますが、その他の症状があると選択し、症状は緊急避妊薬希望と記載ください。
手続き後、当院からスマホにオンライン診療を行います。
保険証、クレジットカードの登録が必要です。
保険証が手元になければ、自費診療ですので、運転免許証、学生証等の身分証の登録でも構いません。
スマホ診療のあと薬局に処方箋をFAXします。
処方箋原本は後ほど当院から薬局に郵送します。
FAXが届いた時点から、薬局で緊急ピルが調剤できます。
緊急ピルは、避妊を失敗してから72時間以内に内服しなくてはいけません。
内服が早ければ早いほど、避妊効果が高いです。
薬剤師の説明をお聞きになり、薬剤師の前で内服していただきますので、ミネラルウオーターを持参して薬局に行かれるとよいでしょう。
 
オンライン緊急避妊ピルの院外処方は、緊急避妊の診察料、処方箋料、FAX送信料、処方箋郵送料、システム使用料、薬局に確認の通信料等を含めて、トータルで4,400円税込です。
薬局でのお薬代は、薬局によって異なりますので、直接薬局にお聞きください。
 
*オンライン診療後に、緊急避妊ピルをクリニックにて処方することも可能です。
オンライン診療後にクリニックに緊急避妊ピルを取りにこられる場合は、オンライン診療時に3,080円(税込)(内訳診察料2,200円税込、情報通信機器の運用に係る実費880円税込)請求させていただきます。クリニックに緊急避妊ピルを取りに来られた際は、スマホでのメールでの請求書を提示いただければ、診察料2200円割り引いて処方します。必ず、女性ご本人が来院ください。取りにこられる日時は、オンライン診療の際に相談して決めます。当院臨時休診日でも、処方可能な時間帯があることがほとんどなので、臨時休診日でも、オンライン診療をご利用下さい。また、追加の質問があれば、とりに来られた際に承ります。また、クリニックでのお薬を処方する際は、現金のみです。なお、クリニックのビルの1階のコンビニには、ATMがあります。
(例えば、オンライン診療で3,080円カード支払い、後ほどクリニックにこられる場合は
レボノルゲストレル錠1.5mgF(厚労省承認薬)9,900円(税込)→7,700円(税込)(現金のみ)とします。
この場合、トータルの支払いは、通常費用プラス880円になります。)
オンライン診療にて、自宅に郵送することもできます(当院院内処方での通常のノルレボ、レボノルゲストレルの費用+オンライン診療880円税込+宅配便送料750円(税込)(宅配BOX、梱包資材代含む)がかかります)が、お手元に届くのが地域によっては翌々日になる可能性があり、72時間以内の内服に間にあわない可能性がありますので、原則的におすすめしていません。
 
 

ノルレボ(レボノルゲストレル錠)の内服について

①   一錠一回内服です。

②   避妊がうまくいかなかった時から3日以内に内服が必要とされていますが、なるべく早く内服された方がよいと思われますので、できる限り早く内服をおすすめします。

③   ムカツキなどの副作用は低い方です。食事に関係なく内服されても、おおむねムカツキはあまりないですが、ご心配の方は食後や眠前に内服をおすすめします。

④   授乳中の方は、緊急避妊剤内服後24時間は授乳をさけてください。

⑤   内服後に不正性器出血が起こる場合があります。

⑥   次の生理はいつも通り来ることも多いですが、前倒しで早めに来ることもあります。

⑦   次の生理がなかなかこない時やいつもより量が少ない、不正出血が続く時は妊娠の可能性が否定できませんので、必ず当院または近くの婦人科を受診してください。

⑧   避妊の効果は、日本のデータでは81%、諸外国のデータでは84%くらいと報告されています。100%避妊できるわけでありません。ノルレボ(レボノルゲストレル錠)を内服しても、妊娠や異常妊娠(子宮外妊娠など)になることがあります。

⑨   ノルレボ(レボノルゲストレル錠)服用後、性交を行った場合は避妊効果は減少します。

⑩   なお、今回の避妊がうまくいかなかった時点ですでに妊娠していると思われる場合は、ノルレボ(レボノルゲストレル錠)は内服しないでください。

⑪  緊急避妊ができたかどうかの確認のため、緊急避妊薬内服して約3週間後に産婦人科の受診をしてください。
 
 
 
 
Email:
 

**当院受診歴のない、受診前のメール相談は行っていませんが、
1、当院が休診日であるが院内お渡し処方可能な時間帯があるかどうか?
(休診日でも夕方であれば処方可能なことが多いです。)
2、地理的要因や新型肺炎の流行などで72時間以内の対面診療が難しいので緊急避妊薬のオンライン院外処方してもらえないか、といった問い合わせのみ、メール対応します。
必ず、緊急避妊薬の処方を希望される女性ご本人からの問い合わせに限ります。
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,980円税込を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)