更年期障害保険適用プラセンタ療法
 
プラセンタ療法とは、胎盤から有効成分を抽出した注射液を注射(主に皮下注射)する治療です。
プラセンタ注射は、美肌や薄毛に効果があり、自由診療でも美容目的に使われており、厚労省の承認した医薬品ではメルスモンとラエンネックの2種類があります。
メルスモンは、女性の更年期障害、乳汁分泌不全、
ラエンネックは、慢性肝疾患の肝機能改善の治療薬
として、承認されています。
 
当院では、女性更年期障害としては、45歳〜59歳の方にプラセンタ療法を保険適用して治療を行います。但し、プラセンタ療法は、他のHRT(ホルモン補充療法)を併用しての保険適用はできません。保険での投与は1日1回1アンプル、週3回までが原則であり、一度に2アンプルの投与は保険ではできません。また、更年期の症状があっても、45歳〜59歳でないと保険適用できかねます。40歳代前半の更年期治療には、プラセンタ以外の治療を行います。保険診療の目安は、3割負担の方で、初診1,500円、再診500〜700円くらいとお考えください。
 
更年期障害になってしまったが、乳がん術後のため、女性ホルモン補充療法が難しい方にもプラセンタ療法はよいでしょう。
 
 
また、プラセンタ療法は、抑うつな気分を改善する効果、薄毛や脱毛症を改善する効果も期待できます。
 
哀しいことに、男性の更年期には、何歳でもプラセンタ療法は保険適用されません。
 
美容目的や男性更年期障害に対しての、プラセンタ療法は自費診療となります。
希望者には、追加費用にてツボ打ちも行います。
自費のプラセンタのみの場合は、1A1,389円(税別)、追加2本目からは1Aにつき926円(税別)です。自費のプラセンタのみの場合は、初回診察料2千円税別、月に一回再診料500円税別が別途かかります。
他の治療があり、当院通院中の方は、1A1,000円(税別)、追加2本目からは1Aにつき741円(税別)にしています。
 



〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください
診療時間
 
【診療時間】
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
月火水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 11:30~15:30
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
 
自費診療費、サプリメント、コスメ代は、VISA、マスターカード、JCB、AMEX、Diners、楽天カードのクレジットカード一括決済(要暗証番号)、ICOCA 、nanaco が使えます。(PiTaPaは使えません)要別途電子マネー、カード払い手数料約5%
 
保険診療は、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日アフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方を除く初診は完全予約制です。(予約料1,800円を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。