更年期外来プラセンタ療法(保険適用)
 
およそ40歳後半から50歳代までをいわゆる更年期と言いますが、この時期は女性ホルモンが少なくなってくる時期です。いつまでも女性ホルモンが出続ける人はいないので、更年期は誰にでも訪れます。
 
更年期かどうかは採血検査ではっきりわかります。
E2(女性ホルモンそのもの)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)を調べます。
甲状腺ホルモンの異常を合併している場合もしばしばあるので、併せて調べます。
 
更年期障害の治療
HRT(ホルモン補充療法)
内服薬や貼り薬(メノエイドコンビパッチなど)、塗り薬(ルエストロジェルなど)もあります。
漢方薬
しみや便秘にも効果がある漢方薬もあります。
ご希望をお知らせのうえ、ご相談ください。
プラセンタ療法
女性更年期には保険が適用されます。
プラセンタ療法が保険適用されるのは、45歳〜59歳までです。
また、プラセンタ療法中は他の女性ホルモン剤の併用は保険適用されません。
 
 
女性ホルモン製剤投与は、プラセンタ療法のように45~59歳しかダメというわけでなく、比較的若い方から62歳くらいまで保険で投与できます。女性ホルモン製剤投与は、メルスモンとの併用は保険ではできません。どちらかの一方の保険適用で、月ごとに厚労省が見ますので、同月にはメルスモンか女性ホルモンどちらかのみの投与です。
 
最近は男性の更年期障害も時々みられます。当院では男性の更年期の診断治療も行います。
 
更年期は心と体のバランスが大きく変化するときです。是非、当院を受診して下さい。
 
3割負担での保険診療代の目安
(処方料、外来後発品加算料、調剤料、薬剤情報料含む。初再診料別途。)
ホルモン採血測定(E2,LH,FSH) 1,770円
メルスモン 1A 120円
メノエイドコンビパッチ8枚(1月分) 1,120円
プレマリン、メドロキシプロゲステロン内服1月分 500円
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

TEL:06-6755-4501
平日16~17時は受付休憩時間です。
外来混雑時、電話対応困難時は留守電対応になります。
平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,800円税別を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)