子宮がん検診を受けましょう
 
当院で大阪市の子宮がん検診ができます。
 
大阪市子宮がんは、原則として、土日祝日には行っておりませんので、平日に受診してください。3月末で、各年度の市のがん検診は終了になります。
 
 
 
大阪市梅田乳がん検診
 
大阪市子宮がん検診 400円 
20歳以上の大阪市に住民票がある方で、2年に一度受けられます。
前年度に子宮がん検診受診対象者で、受け損なった方も受けられます。
20歳の無料クーポン券をお持ちの方は持参してください。
検診代400円には超音波検査代は含まれていません。
超音波検査は、別料金です。
大阪市子宮がん検診は子宮頚部がん検診のみです。
子宮体部がん検診は別料金ですのでご注意ください。
保険診療にて、子宮体部がん検査、超音波検査などを希望される場合には、大阪市子宮がん検診とは別の日(事前または結果聞きに来た日)に保険証をお持ちの上で、受診してください。その際は、保険診療の初再診料、検査料を承ります。おおよその概算で保険3割負担で子宮体がん検査(超音波代含む)3,600円、経腟超音波検査のみ1,590円及び初再診料380(平日昼間再診)~1,000円(夜診療初診)です。近年、子宮体部がん(子宮体がん)が非常に増えております。また、超音波検査を行わないと、卵巣腫瘍や筋腫の性状、子宮内膜の肥厚などはわかりません。不正出血や子宮筋腫などのある方は、是非子宮体部がん検査、超音波検査も受けてください。
 
子宮がん検診で、ASC-USという前がん病変疑いの結果が出た場合は、HPV(パピローマウィルス)検査が保険診療で行うことができます。また、前がん状態〜初期子宮頸がんと予測される検診結果の場合は、コルポスコピーを用いて、組織生検を行います。コルポスコピー下生検は、初診日には術前感染症採血検査を受けていただき、後日の予約検査となります。術前感染症採血検査は、3割負担の方で約1,200円(保険の初再診料別途)です。コルピスコピー下生検は、痛い検査ではありませんが、結構出血することがあり、止血のため膣内にガーゼをいれたまま帰宅していただき、翌日にガーゼの抜去に来てもらっています。そのため、当院では連続で2日受診できるときにコルピスコピー生検を受けてもらってます。コルピスコピー下生検は、3割負担の方で再診料含めて約7,500円です。
 
子宮がん検診を受けた施設が、検診センターやバス検診であるため、ASC-USの判定であったが、HPV検査が出来ない場合も、是非当院でHPV検査を受けてください。
 
組織精密検査の結果、中等度の子宮頸部前がん状態の場合は、どのような型番のHPVがいるかを検査することも可能です。また、重度の子宮頸部前がん状態の場合は、炭酸ガスレーザーにて蒸散術を行います。
 
また、当院では特定健康診査は行っておりません。
 
検診にて異常があり、他院に紹介状作成する際には別途費用(保険3割負担で約750円+再診料約380~530円)がかかります。
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

TEL:06-6755-4501
平日16~17時は受付休憩時間です。
外来混雑時、電話対応困難時は留守電対応になります。
平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,800円税別を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)