ニキビ 大人ニキビ
 
ニキビ、大人ニキビの保険適用薬の治療を行っています。
デュフェリンゲル、ベピオゲル、デュアック配合ゲル、ゼビアックスローション、エピデュオゲルが新たに保険適用され、ニキビの治療が大きく前進しました。
 
デュフェリンゲルは、アダパレンというレチノイド(ビタミンAの仲間)が主成分です。毛穴のつまりを改善して皮脂がたまらないようにして、ニキビを改善する薬です。妊娠中や授乳中は使えません。デュフェリンゲルのジェネリック(後発品)としてアダパレンゲルが厚労省に承認され、先発品(デュフェリンゲル)またはジェネリック(アダパレンゲル)を選択できるようになりました。
べピオゲルは、過酸化ベンゾイルが主成分で、ニキビ菌の繁殖を抑えることで毛穴のつまりを改善するお薬です。ピーリング効果も持ち合わせています。
デュアック配合ゲルは、簡単に言うとベピオゲルに抗生物質クリンダマイシン(ダラシン)に合わせたものになります。
エピデュオゲルは、デュフェリンゲルとベピオゲルの作用を併せ持つ治療薬です。
これら4剤は、使い初めは、皮膚の赤み、ヒリヒリ感、乾燥感、かゆみといった副反応がほとんどの方にでます。続けていると、少しずつ副症状は軽くなってきます。初めは、広範囲に使わずに、額部など目立たない所から使うと良いでしょう。まず、ゼビアックスを使い、それからまた追加を考えていくのがいいかと思います。症状や希望により漢方薬、抗生剤(おもにロキシスロマイシン)を併用しています。クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)も著効される方がおられ、希望の方には院内処方しています。
 
大人ニキビには、低用量ピルが有効なことがあります。当院は、婦人科が専門領域であり、生理痛で困っている方は保険適用での低用量ピルによる治療も行います。ニキビに効果的なものは、ヤーズ、ヤーズフレックスがあげられます。ピルの治療を併用して希望の方は、診察時にお伝えください。尚、ヤーズやヤーズフレックスは、厚労省承認としては、あくまで生理痛等に対しての保険適用薬であり、ニキビには保険適用されていませんのでご留意ください。また、比較的ニキビに効果的とされる自費のピルには、ファボワール、マーベロンがあげられます。尚、これらの自費のピルは、厚労省からは避妊用として認可されているもので、にきびの治療薬とは認可されていません。
また、男性ホルモンを抑える効果を期待して、スピロノラクトン(アルダクトンA、ノイダブル)を処方してほしいとお問い合わせが時々あります。スピロノラクトンは利尿剤の一つで高血圧の薬として厚労省に認可されおり、ニキビに対しては保険適用はありません。あまり積極的には行ってはいませんが、当院通院中の方で、強くスピロノラクトンの処方を希望される場合は、自費にて処方することは可能です。(スピロノラクトン薬剤費10錠1シート500円(税別)、別途初診料2千円税別または再診料500円税別、1日3〜4錠推奨、一度に3シートまで)スピロノラクトンの効果は個人差がかなりありますので、10〜20日間ほどまず試されて様子をみることをおすすめします。ヤーズやヤーズフレックスにはスピロノラクトンに似たような効果のあるホルモン剤が配合されていますので、もし生理痛でお困りならばヤーズやヤーズフレックスが保険適用できますので、まずはヤーズやヤーズフレックスを試してはいかがでしょうか?スピロノラクトンとヤーズ、ヤーズフレックスとの併用は血栓症のリスクをあげますので、当院ではできません。ピル処方を合わせて希望の方は、その旨をおっしゃってください。(ご本人から希望されないと、ニキビで受診の場合、こちらからピル内服をお勧めることはありません。)
 
ニキビの治療は、当院では保険診療範囲内お薬の処方のみとなります。上記の外用薬処方の際には、ビタミンB製剤内服薬を保険にて処方できます。(当院では、ビタミンC製剤内服薬および注射は自費(美容)になります。一部のビタミンB製剤内服薬は、ニキビなどの際に、現在保険で通していますが、保険審査が厳しくなり、近い将来的に保険で出せなくなるかもしれません。
ニキビに対するレーザー治療、ケミカルピーリングなどの保険外診療は、当院では取り扱いがありません。
ニキビあとの治療は、ニキビあとずばりそのものに保険適用される薬剤はありませんので、当院では通常のニキビの保険治療薬の処方のみになります。希望、対象の方は肥厚性瘢痕のお薬も併用する場合もあります。
ニキビあとに特化した治療を希望の方、スキンケアによりニキビを治したいといった方、トリクロロ酢酸ピーリング(自由診療)、最近ニキビが悪化したのでその原因を知りたいといった検査は当院では対応できません。費用がかかってもかまわないのでとにかく早くなんとかしたい、ニキビの悪化の原因を知りたいといった方は、当院ではなくより専門的な医療機関を受診してください。
ニキビ跡のレーザー治療(自由診療)やイオン導入は、ちはるクリニックで行なっているので、ご希望の方はちはるクリニックにお問い合わせください。
 
ニキビはつぶすと跡がずっと残ったり、色素沈着やケロイド、クレーター状に皮膚が陥没するといったことが残ることがあります。へたすると一生跡が消えないということになりかねません。早めに治療した方がよいです。ニキビはご自分でケアするよりも、クリニックを受診する方がよくなる可能性が高いです。なぜなら、外用剤だけでも、保険適用されるものが何種類もあり、Aだけで効果薄ければBを追加する、そして内服薬Cもあわせましょうというようなことが保険診療においてもできるからです。抗菌剤やビタミンB製剤、漢方薬など保険適用される内服薬も数多くあります。当院では、保険適用薬を処方するということのみしか対応していませんが、それでも保険範囲内で数多くの薬を院内処方で準備しています。保険範囲内ですので、診察料も薬剤費を含めてほとんどの方が月に数千円で収まっています。院内処方は、院内に在庫を抱え、使用期限がきれたら廃棄しなくてはならないなど管理に手間がかかりますが、院外処方よりも患者さんのご負担は少なくなります。当院では、保険範囲内のお薬を処方する治療のみしか対応していませんが、そういった診療を希望される方は、是非受診してください。
 
 
 
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

TEL:06-6755-4501
平日16~17時は受付休憩時間です。
外来混雑時、電話対応困難時は留守電対応になります。
平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記インターネット初診受付から予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
WEB問診票は、土日祝日のみならず平日の初診の方は、ご回答くださいませ。

 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,800円税別を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)