多汗症

 
車の運転に従事されている方、自動車通勤、営業で車を運転される方には、プロバンサインの処方は当院ではできません。ラピフォートワイプ、アポハイドローションは、自動車運転注意になっていますので、運転されるときは使わないでください。
プロバンサイン、エクロックゲル、ラピフォートワイプ、アポハイドローションは、いずれか1つの薬剤のみ保険で処方できるとお考え下さい。
 
*アポハイドローションは手汗(原発性手掌多汗症)に対して令和5年6月1日保険適用の認可を受け、処方可能となりました
 
ストレスなのか、体質なのか、女性更年期男性更年期でもないのに、全身から汗が出て止まらない、脇や手や顔から一部の部位から汗がともらない、といった多汗症に悩む比較的若い方が増えてきています。
 
多汗症の方にはプロバンサインという内服薬が有効とされています。
当院では、プロバンサインと漢方薬(防已黄耆湯が主)の処方にて多汗症の治療を行っています。
他院で血栓症リスクがあるような低用量ピルを処方されておられる方は、当院では、漢方薬を含め利尿作用のある薬は原則処方していません。当院受診される前に、現在低用量ピルを処方してもらっている主治医の先生から、Ⅾダイマー検査も異常なく、当院での処方を依頼する旨の紹介状をもらってきてください。低用量ピル内服中の方は、血栓症リスクを鑑みて、まずはエクロックゲルをおすすめします。
 
 
気になるお値段ですが、プロバンサインの薬剤費は3割負担で1日数十円くらいと非常に安価です。併せて、漢方薬も併用して治療にあたります。
 
プロバンサインと防已黄耆湯のセットでのお薬代の目安
保険3割負担、院内処方での目安
初診 2週間分 初診料込で約1,900円
再診 1月分 再診料込で約1,600円
(保険診療は、どこの病院でも同じ診療代です)
 
プロバンサインはまれに眼の調節機能障害や眠気をおこすことがあり、自動車運転される方や高所作業や危険を伴う機械の操作に従事されてる方は内服はできませんのでご注意ください。また、汗を止める薬ですので、ボイラーなど高温環境下で作業する方も、プロバンサインは内服できません。
緑内障、麻痺性イレウス、前立腺肥大により排尿障害のある方はプロバンサインは内服できません。こちらは、絶対的にダメです。妊娠中の方も絶対ダメです。
 
甲状腺疾患、潰瘍性大腸炎、前立腺肥大、不整脈など心疾患のある方やアミトリプチリンンなどの三環系抗うつ薬を内服中の方は、プロバンサインは非常に注意が必要です。原則として当院では処方できません。通院中の主治医の先生から、プロバサイン内服してかまわないとの書面での紹介状が必要です。併用に注意が必要な眠剤が多いので、眠剤内服中の方は処方できない場合があります。
 
原発性腋窩多汗症の外用薬として、エクロックゲルが保険適用されます。成分がプロバンサイン錠と類似のため、エクロックとプロバンサイン錠とは同月にあわせての保険適用処方はできません。20g1本で約2週間分で、保険3割負担で1,500円ほどです。(保険適用薬はどこの病院でも厚労省の規定する自己負担金額です。)
緑内障や前立腺肥大により排尿障害のある方には、エクロックは処方できません。妊娠中の方もダメです。排尿障害のない前立腺肥大のある方は、原則的に当院ではエクロック処方できかねます。泌尿器科の先生からの書面でのエクロックゲル投与の可否や病状記載の紹介状が必須です。
 
また、エクロックゲルと同様な成分でラピフォートワイプという脇を拭く薬も原発性腋窩多汗症に保険適用されました。お薬代は3割で負担で2週間分1,500円ほどです。お薬代以外に処方料や再診料など別途かかります。緑内障や前立腺肥大により排尿障害のある方には、処方できませんまた、車両運転に従事されている方は使用が厳重に注意されています。
 
手の多汗症(原発性手掌多汗症)にアポハイドローションが保険適用されました。寝る前に手に塗ってもらいます。新薬のため初回1本、再診では2本ずつの処方です。お薬代は3割で負担で1本800円ほどです。(お薬代以外に処方料や再診料など別途かかります。)緑内障や前立腺肥大により排尿障害のある方には、処方できませんまた、アポハイドローションも車両運転に従事されている方は使用が厳重に注意されています。
 
当院では、塩化アルミニウム、イオントフォレーシス治療は行っていません。
当院では、問診及び多汗症の上記保険適用薬の処方のみになります。
保険適用薬は、どこの病院でも厚労省が規定した同じ料金になります。
保険外での治療やその他詳しい原因精査などは行なっていません。
まれに在庫がない場合がありますが、院内でお薬を処方し、お渡ししています。また、病院になかなか来れないので、複数月分処方してほしいといわれる方がしばしばおられますが、プロバンサイン等は、当院では初診は2週間分、再診でも1か月分までの処方限度ですので、どうかよろしくお願いします。 またプロバルサイン等、多汗症の薬は出荷調整が行われている期間は、2週間ずつの処方限度とさせていただきます。
 
プロバンサイン、ラピフォートワイプ、アポハイドローションは自動車を通勤や営業や職業で運転される方には原則処方できないと考えてください。エクロックゲルには添付文書上に自動車運転の注意はされていません。
甲状腺疾患、潰瘍性大腸炎、前立腺肥大、不整脈など心疾患のある方は、プロバンサインを含めて多汗症のお薬処方希望の方は、処方希望の薬の種類に関わらず、 通院中の先生からのご許可をいただいて、その旨記載の紹介状をもらってきてください。紹介状のない場合は、当院から紹介状を作成し、問い合わせをさせていただきます。
 
プロバンサインが出荷調整されており、当面の間、院内在庫のない場合は2週間ずつの処方箋、また院内に在庫がある場合も2週間ずつの処方対応とさせていただきます。エクロックゲル、ラピフォートワイプ、アポハイドローションは、安定供給されております。
 
18歳未満の方は、当院は多汗症の薬の処方は原則として行っておりません。
 
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください
 
診療時間
 
【診療時間】
月火水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 (受付待合室ご案内13時開始、最終受付15:30まで)
 
月火水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 (受付待合室ご案内17:30開始、最終受付20:30まで)
 
土日祝休診です
 
受付開始時刻(昼診13時、夜診17時半)より待合室へご案内を開始し、受付を行います。
 
アフターピルED外来AGA外来については、昼診15:50、夜診20:50まで受付いたします。ネット予約をお願いします
 
 友だち追加
 
LINE友だち登録し、トークメニューより診療予約をお願いします。受付時間帯の予約システムを導入しております。