多汗症

 
ストレスなのか、体質なのか、女性更年期男性更年期でもないのに、全身から汗が出て止まらない、脇や手や顔から一部の部位から汗がともらない、といった多汗症に悩む比較的若い方が増えてきています。
 
多汗症の方にはプロバンサインという内服薬が有効とされています。
当院では、プロバンサインと漢方薬(防已黄耆湯が主)の処方にて多汗症の治療を行っています。
気になるお値段ですが、プロバンサインの薬剤費は3割負担で1日数十円くらいと非常に安価です。併せて、漢方薬も併用して治療にあたります。
 
プロバンサインと防已黄耆湯(多汗症保険適用漢方薬)のセットでのお薬代の目安
保険3割負担で
初診 2週間分 初診料込で1,400~1,550円
再診 1月分 再診料込で1,250~1,400円 
 
プロバンサインはまれに眼の調節機能障害や眠気をおこすことがあり、自動車運転など危険を伴う機械の操作に従事されてる方は内服はできませんのでご注意ください。また、汗を止める薬ですので、ボイラーなど高温環境下で作業する方も、プロバンサインは内服できません。
緑内障、麻痺性イレウス、前立腺肥大により排尿障害のある方はプロバンサインは内服できません。
甲状腺疾患、潰瘍性大腸炎、前立腺肥大、不整脈など心疾患のある方やアミトリプチリンンなどの三環系抗うつ薬を内服中の方は、プロバンサインの内服には注意が必要です。
  
当院では、塩化アルミニウム、イオントフォレーシス治療は行っていません。
当院では、問診及び多汗症の上記保険適用薬の処方のみになります。
保険外での治療やその他詳しい原因精査などは行なっていません。
まれに在庫がない場合がありますが、プロバンサイン、防已黄耆湯は院内でお薬を処方し、お渡ししています。
 
医療機関向けに販売されている制汗剤クリーム D-tube(1,800円税別)(硫酸アルミニウムカリウム、イソプロピルメチルフェノール配合)の取り扱いをしています。希望の方は、受診時にお申し付けくださいませ。
 
 
 

〒530-0051
大阪市北区太融寺町6-8
阪急産業梅田ビル9F
 
初診の方は、アクセスを参照してご来院ください

TEL:06-6755-4501
平日16~17時は受付休憩時間です。
外来混雑時、電話対応困難時は留守電対応になります。
平日はご予約いりません。直接ご来院下さい。順に診察しております。
土日祝日は自費の一部を除き初診予約制です。受診2日前から下記サイトから予約ください。アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
 
診療時間
月水木金(祝日を除く)
13:00~16:00
 
水木金(祝日を除く)
17:30~21:00
 
土曜 (祝日を除く)
15:00~19:00
 
日祝 13:00~17:00
 
外来終了時刻30分前までに受付をお済ませ下さい。
 
アフターピルは予約は要りません。可能な限り、終了時刻近くまで受付いたします。
  
お支払いは、現金のみです。当院のビルの1階のコンビニにはATMがございます。
 
土曜日曜祝日のアフターピル、高山病予防、月経移動、自費の低用量ピルの処方、ED治療薬処方、AGA治療薬フィナステリド処方を除く初診は完全予約制です。(通常の診察料に加えて予約料1,800円税別を承ります。)
通常の平日は、予約制ではありません。順に診察していますので、直接受診して下さい。
 
 
(駐車場はありません)